アミノ酸とは

アミノ酸の基礎知識

水とアミノ酸は人間に不可欠
目次:アミノ酸の基礎知識

(1)アミノ酸はタンパク質の最小単位

アミノ酸、というと、「アミノ酸」という成分があるのかと思われる方も多いようですが、そうではありません。
自然界には500種類あまりものアミノ酸が存在し、私たち人間の身体を作り上げる原料となっているのは、そのうちの20種類です。

アミノ酸とは、人間にとって、タンパク質、つまり身体のあらゆる成分・部分を形作る原料であり必要不可欠なもの。


ところで、最少単位、とはどういう意味なのでしょうか?
タンパク質(コラーゲンや酵素などタンパク質で構成されたものを含めて)を経口摂取=食べると、消化器官を通してペプチド(アミノ酸がつながってできた小さい単位)→アミノ酸(これが最小単位)に分解され、体内に取り入れられます。
逆に言えば、栄養吸収のための最小単位と言っても良いでしょう。

また、この20種類以外にも例外のアミノ酸が、人間の体内にあります。
例えば・・・しじみに含まれるオルニチン、元気のために飲まれることが多いアルギニンなどは有名。じつはこれらの成分も、代表的なアミノ酸の一つあり、アミノ酸の中の種類の呼び名なのです。

人間の体内では、前述した20種類のアミノ酸のほかにも、オルニチンをはじめとする、タンパク質にならずに体内を巡って、さまざまな役割を果たす「遊離アミノ酸」も多数存在しています。

アミノ酸は、人間の身体にとってなくてはならないもの。
ヒトの身体の構成成分は、70%の水分を除けば残りの30%のうち2/3、つまりその大部分がタンパク質、つまりアミノ酸でできているからです。

例えば、体重50キロの女性なら、10キロがアミノ酸なのです。

筋肉はもちろん、 髪の毛や爪、体内のコラーゲンや皮膚のNMF(天然保湿因子)などもアミノ酸がなくては正常な状態を保てません。
今、大人気の酵素もアミノ酸が原料ですし、女性ホルモンや成長ホルモンなどのホルモン類、血液、脳だってアミノ酸が無しでは保つことができません。

アミノ酸が人間の美容と健康のために、どんなに重要か、お分かりいただけましたでしょうか?

では、アミノ酸が不足すると、どのような問題が起きるのでしょうか?


(2)年齢とアミノ酸 →

会員登録

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

Payment

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送休止

※ご注文確認から3営業日を目安に発送いたします
※お届け日時指定可

お問い合わせ


運営:株式会社やよい

東京都板橋区弥生町49-1
TEL: 03-3956-3798
平日10:00~17:00
お問い合わせ

※3営業日以内にご返信いたします
※お問い合わせ内容によりお時間をいただく場合がございます。

QR

ページトップへ